キャンペーン対象商品の購買客層を見極めて選ぶべきノベルティ

昔から企業は消費者に企業名や取り扱い商品アイテムを覚えてもらうため宣伝広告を繰り返し行っていますが、企業の展示会あるいは新製品の発売時期に行うキャンペーン活動等の際、新製品に関して発売以前からマスメディアや紙媒体を通して展開する宣伝広告の他に展示会場やキャンペーン活動を行う場所に消費者が集まってくる機会を捉えて、企業として消費者に覚えてもらいたい自社名や製品ブランド名等を記入した実用的な品物、例えば、ボールペンやシャープペンシルあるいはキーホールダーのような小物類を無料で配布することが行われています。ノベルティとしては消費者が日常使うものでも1回使ったらそれでなくなってしまうようなものではなく、一定期間消費者が使うたびに繰り返し目にするような小物類を選ぶ傾向がありますが、消費者の脳裏に記憶されて販売促進効果があるはずだという企業側の読みがあるわけです。

私自身も企業勤め時代に製品の販売促進キャンペーンを全国の事業所で一斉に展開する時にノベルティ選びにノベルティ商品を扱う店舗回りをしたことがありますが、キャンペーン対象商品の購買者がどのような客層であるかを見極めることが重要なポイントであったことを記憶しています。ノベルティをもらう側にとっては余り意識していることではありませんが、企業側としてはいろいろと情報分析の上ノベルティを選択しているのです。なお、ノベルティ選びで専門店へ出向いて相談した時に、ノベルティが非売品の位置づけなので、企業として贈答品や限定的なオリジナル品としての価値を消費者に認識してもらう積りがあるならば、一定数量のみ作って厳選して配布したことを消費者に知らしめれば良いのです。そのノベルティは単なる粗品の無料配布でなくなり消費者の身の周りにいつまでも置かれて大事にされるので、広告宣伝効果が一層高まることも知りました。

このようなノベルティの中には、プレミアムがついて高値で売買されるものもあるのだそうです。一般的にノベルティ品はせいぜい1個100~200円程度の品物が選ばれますが、我が家で貰ったノベルティでは圧倒的にボールペンが多くて使いきれずにゴミ箱行きの時もあるくらいです。時節柄、環境や安心、安全面に消費者の意識が高いので、配布して喜ばれるノベルティもLED照明付きペンライトや非常時持ち出し用品袋等はどうでしょうか。このように消費者の関心の高いジャンルから選んだほうが消費者の企業に対する受けがわずかでも高まるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*