自費出版ってなんだろう


自費出版のいろはについて教えます。

Posted by at 30 1月 , 2013

ノベルティと言えば、企業の名前が入ったボールペンとか、企業の販促で使われるいろいろな雑貨のことですが、ネットで検索してみると、それこそ、様々な品物をノベルティにすることができるようなのです。先に言ったボールペンというステーショナリーグッズはもちろん、タオル、バスグッズ、健康グッズ、そして、防災用品まで、ノベルティにできないものはないというほどの、充実ぶりです。価格も100円以下からできるものもあり、企業にとっては、これを活用しない手はないでしょう。中には、ノベルティをただ作るだけでなく、どんなノベルティを作ったらいいかといった、コンサルティングをしてくれるところもあり、ノベルティについて、一からお任せできるというところもあるのです。それだけ、ノベルティは需要が多いのかもしれません。そういえば、筆者が使っている卓上カレンダーは、毎年、父が会社から無料でもらってくる企業名の入ったカレンダーです。これもやっぱり、立派なノベルティでしょう。毎年、毎年、もらえるものだから、筆者はカレンダーに困ったことがありません。


しかし、今年は、いよいよ父も退職して、勤めに出ないということになり、このカレンダーというノベルティも、もらえなくなりそうです。そこで、ようやく筆者はノベルティでない、自分の気に入ったおしゃれなカレンダーを手に入れる自由が得られそうなのでした。今までカレンダーをタダでもらってきたじゃないかと言われれば、そうなのですが、「もらえるから使う」という流れができていました。


しかし、もらえなくなれば、自分の好きなものを買うことができるということなのです。ノベルティは、たいていタダでもらえて、便利ではありますが、やはり企業名がばっちり入っているところが、おしゃれではないのです。デキル女性は、ボールペンなどにも気を抜かず、自分の気に入ったものを使うというのは、昨今言われていることです。もし、服装もマナーも完璧な女性なのに、ペンケースから出したボールペンが、ノベルティだったら・・・、しかも、それが取引先とは関係のないノベルティだったらと思うと、やはりノベルティではないほうが、いいような気がします。しかし、もちろん、取引先がくれたノベルティのボールペンであれば、話は別です。使っていることをアピールすることによって、取引先との仲が深まるかもしれませんね。そのためのノベルティなのだと筆者は思うわけです。