会社のネーミングについて。

会社を立ち上げる際に、まず決めなくてはならないのが会社の名前ですよね。どんな名前にしようかと仲間と考えながら、たくさんのものを出し合ったりすることが、仲間同士の絆を深め合う最初の仕事になるかもしれません。ネーミングを決める時によく言われているのが、50音順の「あ」から始まる名前が良いということです。それは何故かというと、電話帳などで一番最初の文字のためによく目立つし、強くアピールをすることができるからだそうです。芸能人でも、「あ」から始まる芸名の人達は、売れっ子であることが多く、とても活躍している人がものすごく多いです。そして、カタカナにするのも良いと言われています。カタカナは親しみやすさがあるそうで、覚えやすいというメリットがあることから、会社名が「ア」から始まっている会社は多いとされています。

会社のネーミングと業績

伝統のある大手企業はその会社名を聞いただけで、何をしている会社かすぐに分かります。特に普段からその商品を使っていたり、サービスを受けていればなおさらです。一方で、新しく起業した会社はどうでしょうか。たとえば、食品を作っているのに○○工務店なんて名前を付けては、何をしている企業か聞いただけではさっぱりわからないどころか工事会社と勘違いしてしまいます。企業の名前は、ある意味宣伝にもなります。その名前から想像するだけで魅力的な商品やサービスが提供されてるのではないかと思うようなものの方がよいに決まっています。たとえば、エクセレントレストラングループとブラックレストラングループでは全然印象が違うでしょう。ですから起業する際には今後の宣伝効果、インターネットでの検索でのヒット状況を勘案してネーミングをすることが非常に重要になってきます。

会社のネーミングについて

これからネットショップを開業しようとしているものです。商材は決まっているのですが会社名がまだ未定です。さまざまな設定や準備を進めていくにあたり、ネーミングを決めてしまわないことには始まらないことが多々あります。しかし、焦ってへんな名前をつけてしまったら元も子もありません。姓名判断というのがあるくらいですから、やはり慎重に決めていかなくてはなりません。余談ですが、ある国民的人気漫画家さんのペンネームは、姓名判断をしてみたところ最高に仕事運のあるすばらしいペンネームだったそうです。もしも違うペンネームを名乗っていたらここまでの成功はなかったかもしれないですね。不思議だけれど、世の中不思議なことは多いものです。と、いうわけでわたしもその不思議なパワーをできることなら味方につけたいのです。覚えやすくインパクトもあり、さらに姓名判断してもパーフェクト!そんなネーミングをつけたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*